住宅ローン借り換え

借り換えには住宅ローンシュミレーションを活用すべき

家事をする主婦

 

マンションだろうと一戸建てだろうと、マイホームの購入は、大抵の人にとっては人生で一番に高い買い物となるものです。

 

そのため出来るだけ安くてしかも良い物件を探し出そうと、多くの人が時間を掛けて、慎重に家探しを行います。

 

そうして出来るだけ安くて良い家が見付かった際に、購入へと踏み切る事になるのです。

 

 

とはいえ家というのは、かなり高額な物であるため、購入する際に一括で支払える人はかなり限られています。

 

大半の人は、長期の住宅ローンを組んで、少しずつローンを返済して行く事になるのです。

 

そしてその際、出来るだけ金利の安いローンを組むのが、大事だと言えます。

 

というのも住宅ローンというのは大抵の場合、三十年前後という長期間組む事になるので、折角安くて良い家を見付けても、金利が高いとお得感が薄れてしまうのです。

 

なのでローン返済中に、金利が低い住宅ローンが見付かった場合は、思い切って借り換えも検討する事をおすすめします。

 

 

もっとも金利が少し低い位で、いちいち借り換えを実行するのは、面倒だと考える人も少なくありません。

 

ですが長期間ローンが残っている場合は、その少しの金利差が積み重ねとなり、大きな金額差を生んでしまうのです。

 

だからこそその金額差を実感するために、ネット上にある住宅ローンシュミレーションを活用する事をおすすめします。

 

そういったシュミレーションは、ローンの残高と金利等の数字を入力するだけで、直ぐに支払い総額を確認する事が可能です。

 

なのでシュミレーションで出された支払い総額を比較すれば、借り換えを行えばどれだけお得かを、実感出来ます。

 

住宅ローンは金利比較と借り換えが重要です

育児する主婦

 

マイホームを購入するというのは、大抵の人にとっては人生で一番に高い買い物となります。

 

そのため、出来るだけ安くてしかも良い家を見付け出そうと、必死に家探しを行う人がほとんどです。

 

 

ですが出来るだけ安く良いマイホームを購入するには、家探しだけでなく、住宅ローン選びというのも慎重に行う必要があります。

 

というのもマイホームというのは、基本的にかなり高額であるため、一括で購入する人はほとんどいないものです。

 

大抵の人は、長期の住宅ローンを組んで返済して行く事になるのです。

 

そしてその際、高い金利のローンを組んでしまうと、折角安くて良い物件を見付けても、トータルの支払い総額はそんなにお得価格ではなくなったりします。

 

 

だからこそ出来るだけお得にマイホームを購入したいなら、住宅ローンの金利比較を行い、出来るだけお得なローンを探し出す必要があります。

 

更にローンの返済時によりお得なローンを発見したら、思い切って借り換えも検討すべきです。

 

こう書くと少しの金利差位で、借り換えを行うのは面倒だと考える人もいます。

 

ですが住宅購入時のローンというのは、二十年も三十年も支払い続けるという長期ローンがほとんどです。

 

そのため、ちょっとの差が長期間積み重なる事で、かなりの金額差となってしまいます。

 

 

そしてその差の大きさは、ネット上にある様な住宅ローンシミュレーションを利用すれば分かり易いので、活用すべきです。

 

そうして支払い総額を比較すれば、意外に大きな金額差が生まれる事が分かります。

 

住宅ローンの借り換えの注意点について。

住宅ローンの借り換えとは、今借り入れしている金融機関とは別の金融機関でローンの残高を借り入れし、そのお金で元のローンを完済することを言います。

 

借り換えを行うことによって、住宅ローンの総返済額が減るので大きなメリットがあります。

 

借り換えはメリットもありますが、注意点もあります。

 

借り換えの注意点は、いくつかあります。

 

 

借り換え費用について

まず一つ目は借り換えには数十万円の費用がかかることです。

 

融資手数料や登記費用、保証料、保険料、印紙税などに費用がかかります。

 

金融機関によっては保証料が不要な場合もあります。

 

 

ローン残高について

二つ目は借りている元のローンの残高が多い場合です。

 

自分が購入した時より住宅が値下がりをしていると、担保評価額が足りなくなる場合があります。

 

その場合は自己資金で穴埋めする必要があり、借り換えのメリットがあまりありません。

 

 

金利の選択について

三つめは金利の選択です。

 

借り換える住宅ローンの金利の選択は慎重に行うようにしましょう。

 

固定期間が短い金利を選んでしまうと、金利が上昇してしまうことがあります。

 

金利が上がってしまうと、毎月の返済額も上がってしまい支出が増えてしまいます。

 

固定期間が長めの金利を選択するのがオススメです。

 

 

返済期間について

四つ目はローンの返済期間を延ばすことが出来ないということです。

 

元のローンの返済期間が15年なら、借り換えするローンは15年以内の返済期間になります。

 

住宅ローンの借り換えはメリットがたくさんあるので、注意点を意識しながら借り換えを行うようにしましょう。

 

 

★金利情報:住宅ローン金利比較@低金利ローン特集!